2022年06月16日

銀行は信用で「良いスタート」を切れるか?

銀行は信用で「良いスタート」を切れるか?

キーインサイト


最近の販売市場では、1月の銀行の与信予測をめぐって、現在の教育・指導方針と物理的なラインの要求が弱いという乖離があり、大きな葛藤があるようです。 銀行の信用は、「良いスタート」を完了することができます主に背後にある現在の政策の方向性と大信貸評級きさを危険にさらす、我々は1月の人民元借入は、同じ期間に比べてより多くの増加する可能性があるが、上昇がより限られていることを感じる;第1四半期はまだ年間融資入力のハイポイントになります。 強気の尾市場感情に債券市場の現在の段階では、データ情報のターン暖かいオープン規制後の第1四半期の終わりの世話をする必要があります。


銀行信用投入の予測・分析方法:単一債券の年利が最も即効性のある指標値として注目される。 単一券の銀行信用特性は、その年利を促し、銀行信用販売市場全体に一定の笛吹き効果をもたらす。しかし、実際には単一券の年利は流動性状況とその制御精神安聯收益及增長基金值唔值得買にも関連しているため、単一券の年利を参考指標値とするだけでは、大きな限界があるようである。 側面からの観察も参考になります。 都市の経済状況は、しばしば企業の資金調達の意図を直接的に危うくすることがあり、その結果、銀行の信用促進との間に一定の相関関係が見られる。 また、「草の根起業家調査」によれば、異なるタイプの金融機関や地域の融資促進状況を同時に把握することができ、銀行融資の全体像をより丁寧に描き出すことが容易になる。


1月のシングルノートの年利の上昇は、他の原因によるものであると懸念される。 今年初め、シングルノート直接割引と転送割引の年利の神経軸は、12月、月末よりも大幅に高く、さらにシングルノートの勢いの勢いの要件が弱い関連になった後に修飾銀行ローン事業推進クレジットラインと最も可能性の高い、急激な上昇を発生させました。 しかし、中央銀行が発表する銀行の借入要件指数の値は再び概ね低下しているようで、1月の銀行信用が大きく好転する可能性は極めて低い。また、家計の中長期ローンの情報が不動産販売に比べ遅れていることを十分に考慮すると、前年12月の家計中長期ローンが同時期に比べ増加していない問題は1月に続くと考えられる。1月の銀行信用が主要業績予想を上回ることは難しく、直割引は 振込金利の年利が急上昇し、銀行の信用量では表現できないので、振込金利の年利が急上昇したのは、中央銀行が窓口指導を強化し、個人の行動の法案の勢いを制限することにも関係するかもしれません。


銀行の与信構造の分裂は大きかった。 包括的なビューの内容の報道メディアレポートから、推定1月の銀行の信用推進は、"大きな銀行が強く、小さな銀行が弱い "特性を示し、南西地域とその中小企業の資金ニーズはまだ十分ではありません。 また、個人向け消費者ローンは、旧正月休み、新型インフルエンザ、雪・雨天の影響により低調に推移しました。 中小企業のための金融情報サービスを与えるために、主に地元の大手および中規模の地方銀行、大手および中規模の金融機関から新規融資を回復するが、民間銀行はまだ安全チャネルの減少に見られることができる、銀行の信用構造の分割の特徴はまだ重要であるされています。



関連記事:


銀行の与信から発生したが、銀行の与信だけではない


商品の金利を下げる、金融機関はこの "乾いた知識 "を取り出した。


"良いスタート"、金融機関はまた、 "ボリューム外 "を借りて置く?





同じカテゴリー(明媚春)の記事画像
私の両親も泣
分かりました
咲き乱れた花咲き乱れ
義理がなかった
梧桐树
同じカテゴリー(明媚春)の記事
 夏はいつからか (2015-08-19 17:01)
 美しい靑春全てに (2015-03-31 12:45)
 私は小铺間 (2015-02-11 17:55)
 私の両親も泣 (2015-01-26 12:17)
 分かりました (2015-01-07 16:07)
 冬が印象的だった (2014-12-23 12:29)

Posted by 無憂草 at 18:20│Comments(0)明媚春
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。