2015年01月07日

分かりました

結局は知覚生きていなかった、ずっと生きていて、たまにしかれて強い感知飲用水過濾器

ここの冬は寒いとともに、からみ合った心境ほど寒く入骨髄。誰が楽しいというのは本当に楽しくて、誰が本当に风轻云淡遠回しに言う、面当て。いつもは長年、視線の中の路太亮、でも心にあまりにも多くの暗い。光さえもなくてどのように生まれ変わるか輝きの片隅……ほほほ、へへ……
やはり来たのではないか。ジャンプのない崖山だけより溝より明らかにすぎない。風が吹いて不完全な枝、さわさわと、空が。魔咽頭て訴えないより、自。何の厚土は花の波を隠す、花咲く、きっと、ただ形形だけでBotox瘦面 。ある花がある心に、非某安んぞある無香。あなたが行かないなら、しばらく行かない。長い長い忘れて、忘れて、また、どころか。
私、あなたを聞いて未、未の未解未。空っぽだ。
ほら、退路はそんなに長くて、誰が知っていて、どこへ行って……
私は生きているだけでなく、まだ考え……
ただ考える時は、生きている感じが強く烈いくらか……
分かりました


同じカテゴリー(明媚春)の記事画像
私の両親も泣
咲き乱れた花咲き乱れ
義理がなかった
梧桐树
同じカテゴリー(明媚春)の記事
 夏はいつからか (2015-08-19 17:01)
 美しい靑春全てに (2015-03-31 12:45)
 私は小铺間 (2015-02-11 17:55)
 私の両親も泣 (2015-01-26 12:17)
 冬が印象的だった (2014-12-23 12:29)
 離れの夢を見る (2014-12-08 13:25)

Posted by 無憂草 at 16:07 │明媚春