2014年12月08日

離れの夢を見る

窓の外の、葉と踵を返したが、また私のペン先掻か纸面をかき分ける音がした。
握りしめている手を休めるのペンを見上げて、屋外の語尾に支給される、窓の外にあの木は端然として崩れざるは風の中で、黄色の叶の空中あふれる舞は結局気運が土地を……
私はあの人をうっとりとさせるねずみ講を投じて自然の腕の中にこそ、外出するとされる場合、逢った空路を実施した後、目につくのはいっぱいな山の緑、既に秋になったにもかかわらず、依然としてにも春の風景、町並み蜿延の小道を歩いたことがあって、道の両侧は藪が似通って花が満開した、と不上春百花咲く派手さを寄せられてもなかなかのもの感じのだった。
いつの间にか、に林の中で、強かっに一瞥をくれて、低いところにだった。間もなく、私は、もう一つのサプライズには及ばない世外桃園の美しいが、それも極めて軽油1ヵ所であっても、それは一片光って秋の芝生をたててすでに黄色のを見て、自分もやはりどこもかしこもの绿、私が勝手に探した筆地がころがって降りてきた
広大な草地に照らしている秋の愁を見上げている青い空、思考が徐々にはかないて、方向が探し出せません。风があって、そのままであるが、それに連行されており、またそれらを競う肖僕画の着地にしようとすることは、それらの宿命であり、それらの一生……
世の中で、私の落ち葉は無限な想像力のないままのように思われてその年の春、私たちと共にパートナーとしても、一片広野にはしゃいだが、その時だけなかった満天の落ち葉は満点の凧が自由に空を滑空する。
から自分の未来の道になるには、いったい私の未来はどうか。とはいえ、私も自分の未来定した目標のために、私は信じて自分が未来の生活となっていますが、今私は思わず茫漠としましたが、时には私は甚だしきに至っては自分ではアップ」。私は確定できない私の未来かどうかと思ったみたいやけど、私は知っていた未来がただの虚词であるが、それは見た目はは遠いが、まるで時計を目前にしている。私は知っていて未来の道をなかった私のように簡単だ楊海成
谁にもわからない。の生には顺风に帆をあげるのは、同じようにで、私の未来になることも困難ではなさそうだ。はいああ、うちの両亲は人生の指名灯、彼らをけん引している私たちの成長しているのに、は私たちに自分が一人で歩いたことがあって暗、両親をリードできるしたものの、それはあくまで目安方向であるだけに、未来への道はまだ遠いことをマスターして、結局は、独自に行くのだ……
目を閉じて、记忆に凧は広々とした大地の空を飛ぶ。まるで、わたしは、たこが広々とした空の果て方向を失って、引っ张って私の線では両亲が先生の期待するのか、それとも私はかつて歩いたのだろうか。私は知らない私の未来が究極的にはない私の最初の目標は、私だけが知っているなら、わたしのような道を選んだなら、どうしても続けよう。
ようやく眼のところに行き、高所、农地この奇妙な大自然、すべてのすべて、私の目の中にも、再びがどうしようも他愛のないて空を见てみて、やはりそんなにの手が届かないが、私は確信を持つようにで、私の未来は梦じゃない、もしかしたら、将来の私、ある一つの都市でやっているかつて自分が念願の事ではない。
心に迷いのように急退散した、私は知っていますが、ielts score
私の梦の中で、远方だけではできないし、考えだけが払わなければならない。私は努力した、私を信じて私を迎えの天国にではなくおののいている。


同じカテゴリー(明媚春)の記事画像
私の両親も泣
分かりました
咲き乱れた花咲き乱れ
義理がなかった
梧桐树
同じカテゴリー(明媚春)の記事
 夏はいつからか (2015-08-19 17:01)
 美しい靑春全てに (2015-03-31 12:45)
 私は小铺間 (2015-02-11 17:55)
 私の両親も泣 (2015-01-26 12:17)
 分かりました (2015-01-07 16:07)
 冬が印象的だった (2014-12-23 12:29)

Posted by 無憂草 at 13:25 │明媚春