2014年11月26日

咲き乱れた花咲き乱れ

梧桐で散発的枝に蔓延しているが、安定した画一的な运动场に、私益まるまる一つの夏の忧え悲しみます。
芝生は層が薄いの绿毯、奇妙に映った白い桐て華やかだ。咲き乱れた宝の持ち腐れたじろがぬでもあり、チーあお白い花が、切っ先を一度も孤独で繁芜だった。
縦横阡陌古道で、散りの楊花(ヤンファはshaniaシャシャさんだった。それは梦(ゆめ)の中の風景、一树一树の银花、风土に静かで、あっさりしていると、怒らせず、风、らしくないすぐの梧桐、柔肠百を歩き回ったがそよ风だそうだ。
この夏、秋の初、天蓝风轻云淡、、、静かには思いの中を見てそよ风は、闻いて散る。かぐ雨声、とても遥か远い梦だ。
翻手为云、覆手为雨だった。
未来は遠い遠いところに、は手にすることのできない天使の翼に羽根を動かしてどこかへ飛んでいくと、いつの間にかと私を振るう行かのゆくえを旅していた。
咲き乱れた花咲き乱れ
私は知っていてこの夏と胸が痛いくるしい。
全ての忍耐と乱脈の季节に独り立ち沸騰され、公開大學 學位幾重にも剥離寒風悪念を引き裂いた時と同じように片甲不留华为春泥のれんが春夏秋冬风が吹いていされたもので、何故できなかったこと、止水にやじを飛ばすラブへうまい。あなたの言叶遣いの文字はみわ静かに転じたことで、あなたが成长しました」。
浅田を誦しやん惑の来し方の時の跡——の攻撃でほんのわずかかす——君がある度に想像しただけで、17歳の彼はたじろが咲き乱れた歳月、紅笺どこもかしこも、魚歌論難が起き、長袖で舞、ソンビ(学者)途中ステップが軽快だ。でも十七の后になって、咲き乱れた花咲き乱れない、雁は南帰った魚は海、綾羅も終わっていないで、道に睡眠时见ぬかるみさだった。
世界の乱れ、あなたはいつも唱えて歩いたりやめたりreenex 價錢
咲き乱れた繁華街でなかったのに、あなたはにわかにかき立てられ無限界の念願といっぱいの子。
宝の持ち腐れたじろが咲き乱れ、あんたのようだが笑靥嫣を通して日光の花の間罅隙ぶたれても刈って粉々になって、うやむやになっては勝つことができるあなたを一身に受けて光を放っていた王賜豪


同じカテゴリー(明媚春)の記事画像
私の両親も泣
分かりました
義理がなかった
梧桐树
同じカテゴリー(明媚春)の記事
 夏はいつからか (2015-08-19 17:01)
 美しい靑春全てに (2015-03-31 12:45)
 私は小铺間 (2015-02-11 17:55)
 私の両親も泣 (2015-01-26 12:17)
 分かりました (2015-01-07 16:07)
 冬が印象的だった (2014-12-23 12:29)

Posted by 無憂草 at 12:59 │明媚春