2016年09月14日

一字:争いだ

すべてとても良い、本来求め荒らげ;万事は、姉さんも円満に尽くした。少し事、努力奋闘いとっ知って、自分の潜在を知った。花淡故雅、水淡故真、人淡故に纯。人間なら、薄い薄い久香。ありったけのない、谄ない、艶、置け。淡薄味で、本当にうち真香。心の若、重々しい藻私;人は恋に、藻あなたどう伤。苦痛がしみこんだ、悩み心。

生活の中の纷扰を、一字:争いだ。この世界の騒ぎ、騒ぎ立て、摩擦、嫌怨、をめぐって、贮蓄も争い、由来。日常生活では、心が広い争い、ない;そういう点で、得失を争ってない;目標を下げない、争い;功名心ない、薄い争い;他人を考慮し、やや余り争いない……ありったけの至境こそ、人生。

生活は汤を問わずば、冷水に适した温度は、最高の。生活は、いかなる辛酸苦楽、味さえ适の食感は、最高の。生活はメロディーを問わず、早ささえ适の聴覚は、最高の。生活は季節を問わず春夏秋冬、似合うの気持ちさえすれば、最高の。生活を取らせない寂しさも、寂しさも甘んじさえすれば、自分に似合うとは、幸せな。

毎日、悩みがない自然を拾って無。懐ばらまき、ばら撒き、一生堂々。平常心懐、平常事、日夜の安寧。恩を忘れない人、読んでない人、不思议人非、怨霊に当たる人。一分、雾心宽人歩日本晴れ。再会計縁笑って、ともかくその再古人。再会の笑いは心を养うの第1良薬で、商すなわち愁自殺1钢刀。欲张り过海際、無足心残りがまた笑い浮云谁。

心、一粒の尘は、いつたなびいていた。いつ12:57:47まだたなびいて、到着の終着意思;探したいので、理想の終着を見つけなければならない。しかし、欲望、一山(イルサン)だけは、一山(イルサン)より高い人生憤激叶っ?淡いこの世の紛争、见下げの得失はすなわち轮廻心安かっ復ヵ所だ。

仏は、我々は八粒の心。愛を忍び、至计画;谦虚な人柄で、謙虚に、静かにさる;心の平静を探し、清心;诚心、动作、廣结善縁;自信を積極的に心の力、;専念、人生がより効率的;忍耐チャンスを待って、総で;、学会、しょんぼり放棄選択だ。

静かな、一种の気质、一种の教养は、一种の美しいの境地をもって、と、安らかに、上品に、名ばかりる映っている明月。静かな、淡々と、もっと非凡庸ではなく、一种の奥行きの幽远、静中にさわる景、「は」と闻い惊雷静か処だ。が、静に静に养生が悟りが、静に静に説明し、生慧が、大たい智大慧、dachedawu、息の根は必ず静。

流れた歳月で、再会と相は、すべて1种の縁が、一缕の愛、美しい。重要なのは、结末ではなく、過程;のカギは、是非なく、愚痴を尊重し、も、も、生命は、悲叹、登って迈进は、苦も、こらえた。演剧を歩いた、薄い世俗の喧騒を见て、あなたの夏を安らかに!独守一部分静、誠実付き添う。  


Posted by 無憂草 at 12:45