2015年03月31日

美しい靑春全てに

3つの季節の待つだけが、数日の開花、これはなんと壮烈!命の短さ、磨き強さの品格。苦しみの中に咲く命の美しさを、挫折の中で燃えてかすかな炎。桃のように燃えるように、生命の歌。そう思ってDR REBORN、私はなんだか誤読この春の使者、桃の花。
最初のきっかけは感知桃その性情から本当に純粋な陶淵明。そんなに人に挑むの春の日、彼は歩いて停止に迷い込ん「マングローブ靑山斜陽古道、桃花流水福日洞」の桃源郷。ユートピア、景美人と、心身の陶淵明をやっと見つけた心の生息。あの時、私が思うに、詩人の陶淵明は本当に幸運、将来機会があれば、私も1つの桃源郷で人。
それからやっと知っていて、実は、桃の高貴なまだ彼女は愛情と密接不可分の。聞くところによると、春秋時代の楚国に利子侯はクーデターに滅ぼされ、意欲が強い楚文王夫人と結婚。目を閉じて花恥ずかしくて月の金利侯夫人から皇居、夫を探しに。利子侯が自殺し、奥さんもそれに殉じ情。それから、節を固く守って変えないの金利侯夫人もに桃の神、守り美しい愛情。念な感傷をよくしていて、ひたむきな愛情と、短い命。
「本無叶真、スマートに借りない胭脂うす」は、桃に最高の嘆。ただ、桃の「本当に格好いい」は、人ができるとは限らないあか抜けて?あなたはそれを見て唐の崔护を書き出して、彼が「人面どこかに行ってDR REBORN、桃の花は笑春風”時、心の奥の辛酸、悲しみは誰に言う?そして人柳永性情で、「人面桃花、未知の何処が、マスク朱扉そっと」時間、痛みは無限で、惨めな思い合う涙流れ心とともに、その「探して探して」「うら悲しい︶ぅ」の孤独と無力本当に表現できないよ!また中に沈园の陸遊、夕暮れの李清照彷徨う……
モモの花の散る沒有雨上がりべが落ちて、どこでも、ずっと繊細で、敏感な林黛玉触景伤怀、荷鋤葬花、一抔黄土覆い尽くし花の風流、彼女葬のどこは、桃、明らかに約纏ふわふわした気持ち、哀哀れ怨みの思、弱々しいうら悲しいの悲しみ。「儂は今葬花人笑痴、子どもの葬儂お知らせは誰ですか?」古代の時空を越えて、短いもろい命に直面して、私達のすべての人はまた何という感懐なくて?
モモの花の命は短いが、しかし彼女に執着一念は、美しい靑春全てに咲く人間に自分の好きな春。たとえ誤りが花を探して、依然として自分が開放、白居易の「人間の4月の草と花尽くし、山寺桃始満開」は彼女の真実ですかDR REBORN?  


Posted by 無憂草 at 12:45明媚春