2015年02月11日

私は小铺間

私は小铺間、気が大きくて、しかしとても精緻。私は小铺間、DR REBORNあまりにぎやかではないけれど、寂しい。私は小铺間にかかわらず、収益、しかし安逸。私は小铺抱いている間、夫で、朝から夕方帰る。
小铺は静かな町で、入り口に小川淌水、屋に緑の靑玉の草、遠くのほか靑山に囲まれて、近所を花の香。町はにぎやかではありませんが、ない人、大都市の上調子騒ぎ立てて、人々はすべてとてものんびり街を歩いていると、木をぶらぶらして、店舗、舟を浮かべる江湖、踏靑登山。小城の美しさはそれの自然ではなく、それの人文の気持ちを、このスローテンポな生活の中で、すべての時間の生活を享受して、幸福を体得して簡単に。
小铺は間にロマンチックなカフェ、精緻なカウンター雅の小さい機で、1部の朝の新聞、一杯のコーヒー香滑。屋外-"売買を見て、そっと思いをこらす朝の香りを考えると、座っている考え事、髪はぼんやりして、見てみてに親しい恋人の甘いくどくどと聞き、群れは久しぶりに旧友よもやま話をして、あれらの甘い清純な愛情で、人の心の中にも満ちて甘い愛の意でDR REBORN、あれらの親密而深い友情、人の中にも満ちて子供のころの思い出。ただ愛を知る人はやっと生活を理解、ただ抱い憶往昔の人を大切にしてこそ、人生。
小铺は間香鬱のパン屋で、真っ白なキャビネット、レースのカーテン、1筋の濃い乳の香を伴って麦の穂の清新で、入り口たとえ化し、舌のすべての味蕾に甘い味で、しかも味わい。いつも朝ドアを開けて、購買パンの人々のきちんとした行チーム、彼らはたくさんのサラリーマン、あるのは何時の観光客は年を取って、ある老人子供っぽさの海も、満面の子供。彼らにとって、パンは最も理想的な朝食で歩く道をしながら、旅を味わいながら、それは道を歩くのは、すべての心配事も舌先であの少しの香滑忘却DR REBORN。  


Posted by 無憂草 at 17:55明媚春