2015年01月26日

私の両親も泣

もし輪廻ただ一言空語の場合、往事ただ一面霧、もし三界六道もうなくて、一生がただ一生にかかわらず、往事の思い出が、この一生、私はあなたと少しだけ。
信じない輪廻、へも行きたくない手紙、川があるなら、本当にどう、Dr Reborn1碗の孟婆スープ、忘れたくないで、すべての記憶の中の美しい。たとえ本当に輪廻の言っているが、多くの衆生、次の人生、私はあなたと再会できるのか?
「一生一会」の本は茶道の中の1種の言い方が、意味は、毎回友達と対座お茶は、生からの深いから大切にして、一生の中で、できるというお茶だけかもこの回、一旦、二度とない。
人の一生は、誰にもわからないは、どこまでどこに、すべてのすべて、それで行くしかない。まるでそのハルヒに露のあでやかなレンギョウ、私を見た時、それは美しくて、例えば玉彫り刻む。にじっとしている後に見た時、もう風は、グランド潜ん、配布殘香。
私とそれだけから言えない何かれ、それが私の見えないところで静かに一枚の紙に、静かに止めたその命の足音。殘念ながら?はないの?悵然とは?私はわからない。
その落ち葉の長い歳月の中で、臨窓をささげ持って、1杯の暖茶、湯気が立ちこめるにいくつかの事を思い出す人が、いくつかのことを思っている已逝歳月の中の様々な。様々な避けられない悲しみ。

五年前の秋に、落ち葉は根に帰ると、ひとしきりの秋風それらだけでなくても、私を持っていったのは1人の親友。彼女はまるで落ち葉のように漂って故郷へ帰り、私の1つだけを殘して、後で連絡。この後、私も待った五年、サカツラガンが来なくて、靑い鳥が飛ばず、歳月の風は一回また一回吹く柳緑になって、また毎回に落ちた地面いっぱいの枯れて黄ばむ。時々思い出すと彼女の過去、繁華夢、夢を尽くした、そして涙は、もう二度とない夢。
しばらく考えてからも一生、無縁に再会したすべての記憶しかない。
二年前、風が徹、1度の陰雨の中、私は永遠に私の祖母を失ったDr Reborn。彼女は歩いた時、私がいない。それは、私は忙しい期末試験は、両親に自分の学習に影響しないため、彼女は火葬する時も教えてくれない。私は知っていて彼女の死などのニュースの後、1週間後にはもう。私は領通知表のあの日、親に連れて灰に帰って来た日。
彼女の葬儀には、私はでなかったら、私の両親も泣いてない、ただ私の二おば泣いてとても凶。彼女の話を聞いてそこで泣いて、私は急に思わず泣きたいのに、また泣きすぎだと思って、淺いました。祖母が生きていた時、私たちの間に平凡で、私の勉強に一度も注目した彼女は、彼女とも言うことしかできなくて、しばらくは。彼女が亡くなった後に、私は彼女の多くを思い出したので、私が書いた数篇の文章について。彼女は見えない、私はただ単純に記録していると少しの温情。
一生の後で、その後は再会、しかない想いが心に覚えて、後で。
長い人生の道は、いくつかの会?好きな人と出会い、私を愛する人と出会い、そんな短い時間はいつも。人の一生は、何十年、またいくつの才能に着替えて十年後?
一生の後で、一番悲し過ぎるのは少ししかない、この後で、あまりは慌ただしくて、間に合わない人は離れて、大切にして、あるいは見えない遠く、または六道以外。
「一会」という言い方はちょっと幽なるが、幽なるに深い美。ただしばらくやっといっそう大切にし、もし深いの大切にして、たとえ者は離れ物、当门見送ることもでき稍减殘念Dr Reborn。  


Posted by 無憂草 at 12:17明媚春

2015年01月07日

分かりました

結局は知覚生きていなかった、ずっと生きていて、たまにしかれて強い感知飲用水過濾器

ここの冬は寒いとともに、からみ合った心境ほど寒く入骨髄。誰が楽しいというのは本当に楽しくて、誰が本当に风轻云淡遠回しに言う、面当て。いつもは長年、視線の中の路太亮、でも心にあまりにも多くの暗い。光さえもなくてどのように生まれ変わるか輝きの片隅……ほほほ、へへ……
やはり来たのではないか。ジャンプのない崖山だけより溝より明らかにすぎない。風が吹いて不完全な枝、さわさわと、空が。魔咽頭て訴えないより、自。何の厚土は花の波を隠す、花咲く、きっと、ただ形形だけでBotox瘦面 。ある花がある心に、非某安んぞある無香。あなたが行かないなら、しばらく行かない。長い長い忘れて、忘れて、また、どころか。
私、あなたを聞いて未、未の未解未。空っぽだ。
ほら、退路はそんなに長くて、誰が知っていて、どこへ行って……
私は生きているだけでなく、まだ考え……
ただ考える時は、生きている感じが強く烈いくらか……
  


Posted by 無憂草 at 16:07明媚春