2014年12月23日

冬が印象的だった

陝西省铜川を地図上でもない町には、家のが40 kmの山上。30年前の冬、各軒にかけられたつららを削り取ってつやがある黄みをしなければならない。体[家の氷牙冬の間、不化している。雪が积し、埋め立てすねのあちこちで、白の耀人の目を見た。太阳の光にして、污い1时(点)の雪化させることで、一晩凍結実だし、そうではない」と三番、護膚專家子供も大人も一路までスキーを歩いていました。
窓を夜中まで凍りつくパームビーチガーデンズの葉の模様を白く灯は、屈折、光り辉きます。部屋にいた、タオル干冷。早く岛と、顔を洗う時、汤をぶっかけるやり方を引き揚げタオルとなって温温吞と饮みには少し火力だ。
天墨青、月はは1曲、きれいに光っている。通学途中雪踏みつけて绵软だったが、澄んだと音がした。どこの家のすりガラス透になろう、私は似ていてマッチ売りの少女を見届けるばかりに向かって歩き、鼻は口の息吹を取り除き、顔を結成した。風に割りて苦心している。注意していっしょに折れた枝が随時に落ちてきた。
冬の風がトリプル・ルッツとなってきたのは、木のブラシ、カササギ干枝すぐひっかかっているのどが呼んでいる、叫んだのは十分だった。私は8歳以降には毎日へ行かされされなかった学校に行ったり、足がすっかり凍って意識を握ったまま、手に一塊の雪を指で薄赤い、手の甲肿を上げられ、夜まで寝ている時に腰をうかしかけたが、暖かい手の知らない?を恨んで、もてない牙かむとは、そのようにユキを乗せて登校しながらに」[団に引かれ、家の手がだんだん火烧火燎参考人のように、宿题をしたことが明らかになり、憂鬱だった。
朝の教室をストーブの中の火はまだ、暖かい焼きを出てbvi offshore company、いっそのことまで歩いていき、校庭が走って、自分を暖めた。一つの故郷の東北の老爺は毎日1件老头衫走った熱気を奏で、さっきから光腕を光首をちぢめ缩头足の私のそばをつぼめた三伏天しなかった」と話した。
冬休みを迎え、一路に当たって氷滑りが帰ってくる。隣人胡伯家の親戚に子供たちが皆を過ごすことができて、正月(8歳の私を疑っても寝てから家族うるさい好気心の胡伯家妳私つ、清廉な年だ。大きく一群で、雪畑に喧嘩になり、転げまわるのように、私はそばには口の块氷、凉の顔となってきたクルミ縁側からだ。分かりを見ながら、1群半大男一匹一体何をやっているのだ。
化雪の日に寒いからがまとまっていないらしい、服の外側は硬い雪溶けて、水が氷、氷の消の一枚一枚に転んでしまい、とにかく、鼻面をこのような誤って落とし、監察チームが割れて、なんか固かった痛み。
30年が過ぎた今、その自分を言い、黒竜江も冬泳ランニング老人亡くなりましたでしょうか?
ユキはいつもでしたら、来ないカウンタ霧の中に行き、見えないし、遠くのほこりの、汚れて、気分が悪く、冬着を恐れ、污れて一律的に黒い輪の精致な雪どこに行こうかなんだとか。家がますます高くなっており、その夜ごと辉きで、どれだけの家じゃたきに目の前にして、自分の子供に信じて私の子供じゃありませんかCardboard Standee。  


Posted by 無憂草 at 12:29明媚春

2014年12月08日

離れの夢を見る

窓の外の、葉と踵を返したが、また私のペン先掻か纸面をかき分ける音がした。
握りしめている手を休めるのペンを見上げて、屋外の語尾に支給される、窓の外にあの木は端然として崩れざるは風の中で、黄色の叶の空中あふれる舞は結局気運が土地を……
私はあの人をうっとりとさせるねずみ講を投じて自然の腕の中にこそ、外出するとされる場合、逢った空路を実施した後、目につくのはいっぱいな山の緑、既に秋になったにもかかわらず、依然としてにも春の風景、町並み蜿延の小道を歩いたことがあって、道の両侧は藪が似通って花が満開した、と不上春百花咲く派手さを寄せられてもなかなかのもの感じのだった。
いつの间にか、に林の中で、強かっに一瞥をくれて、低いところにだった。間もなく、私は、もう一つのサプライズには及ばない世外桃園の美しいが、それも極めて軽油1ヵ所であっても、それは一片光って秋の芝生をたててすでに黄色のを見て、自分もやはりどこもかしこもの绿、私が勝手に探した筆地がころがって降りてきた
広大な草地に照らしている秋の愁を見上げている青い空、思考が徐々にはかないて、方向が探し出せません。风があって、そのままであるが、それに連行されており、またそれらを競う肖僕画の着地にしようとすることは、それらの宿命であり、それらの一生……
世の中で、私の落ち葉は無限な想像力のないままのように思われてその年の春、私たちと共にパートナーとしても、一片広野にはしゃいだが、その時だけなかった満天の落ち葉は満点の凧が自由に空を滑空する。
から自分の未来の道になるには、いったい私の未来はどうか。とはいえ、私も自分の未来定した目標のために、私は信じて自分が未来の生活となっていますが、今私は思わず茫漠としましたが、时には私は甚だしきに至っては自分ではアップ」。私は確定できない私の未来かどうかと思ったみたいやけど、私は知っていた未来がただの虚词であるが、それは見た目はは遠いが、まるで時計を目前にしている。私は知っていて未来の道をなかった私のように簡単だ楊海成
谁にもわからない。の生には顺风に帆をあげるのは、同じようにで、私の未来になることも困難ではなさそうだ。はいああ、うちの両亲は人生の指名灯、彼らをけん引している私たちの成長しているのに、は私たちに自分が一人で歩いたことがあって暗、両親をリードできるしたものの、それはあくまで目安方向であるだけに、未来への道はまだ遠いことをマスターして、結局は、独自に行くのだ……
目を閉じて、记忆に凧は広々とした大地の空を飛ぶ。まるで、わたしは、たこが広々とした空の果て方向を失って、引っ张って私の線では両亲が先生の期待するのか、それとも私はかつて歩いたのだろうか。私は知らない私の未来が究極的にはない私の最初の目標は、私だけが知っているなら、わたしのような道を選んだなら、どうしても続けよう。
ようやく眼のところに行き、高所、农地この奇妙な大自然、すべてのすべて、私の目の中にも、再びがどうしようも他愛のないて空を见てみて、やはりそんなにの手が届かないが、私は確信を持つようにで、私の未来は梦じゃない、もしかしたら、将来の私、ある一つの都市でやっているかつて自分が念願の事ではない。
心に迷いのように急退散した、私は知っていますが、ielts score
私の梦の中で、远方だけではできないし、考えだけが払わなければならない。私は努力した、私を信じて私を迎えの天国にではなくおののいている。  


Posted by 無憂草 at 13:25明媚春