2014年02月12日

私は努力して探して川の物語を探して

日は月へ来て、寒は暑へ、流れて止まらないで、物に生で貧しくて、川のように時にははっきり言えない、道がない限り、がたいその神韻の文字。初めての新疆ゲェゲェ拉斯湖、それは人間圣湖も、静かな河、1種が直視すら近寄って見るあなたの聖静、きれいで、この神聖の前に、あなたも自分の呼吸が騒がせ彼女を恐れて、あなたはそこに座って動かないで、あなたは明らかに感じ手に入れて、彼女が落ち着くあなた疲れた魂を持って、あなたは色とりどりの光。私達まで読んだ『詩経』の中文は「ジャニミサゴ、川の洲」が浮かぶ水鳥アサザと囲まれている古い川や、その美しい初恋物語。上海での生活と仕事は、私も常に接触上海までの母川蘇州河、黄浦江、あります多い有名無名の川、それらの歴史や命よりも長く、それらの存在はランドマークは、生きた化石。川ごとに会って、私は努力して探して川の物語を探して、川のあれらの古い渡し場。毎回これらの川の岸辺に減速を歩く時、感じがよくて、会ったとの調和を吹く風、やさしい感じを体得する、世界はあなたのように、あなたの感じを思わず触手に沿って川ひっきりなしに伸ばして、甚だしきに至ってはあなたが伸手に触れる川両岸の生長の春、夏、秋、冬。私たちは思わず思い出す詩人プーシキン座ってネヴァ川畔、波の音を聞きながらさかまくビールを飲みつつ、書いている彼の心が詩「覚えてるあのすばらしい瞬間、私の前に現れたあなた。線香花火のような幻のように、純粋な美の化身……」これは生命の人間と自然との会話のように2つの川、忘年の親友、そして縦横無尽、陶然に乐而忘返。
| 劉芷欣醫生 | Audience Response System
川に育った子供にとって、川は流れの故郷。祝日、私と子供を歌う「八百に清江』の歌、表現外出遊子故郷へ、母川の深い想い。いつも外白渡橋の上に立って観賞蘇州河の美しい景色にしても、私は故郷を思い出して、清江を思い出して、その歌:「その魔法の伝説の中で、1本の川を飛び出し不思議、それは1つの民族の古い自分高らかな歌声、開放。衣よぜ清江、魅力的な清江よ!衣よぜよ清江、私の夢の清江よ!」  


Posted by 無憂草 at 18:31