2015年08月19日

夏はいつからか

花火大会のカレンダーがスーパーに貼られていた。毎年、わりと大きな花火大会が、家から自転車で行ける場所で行われる。

僕は基本的に、(人混みを除いて)そういうのは好きなんだけど、年によって行けたり行けなかったり、行ったんだけど楽しめなかったり、行って死ぬほど楽しんだりする。その夏の充実度が測れるイベントになっている。

あれほどその人の状況によって楽しみ方が変わったり、楽しめるかどうかが決まるイベントも珍しいものだと思った。……いや、しかし、そうでもないかもしれない。夏祭りも同じだし、合宿なんかも見方によれば、か。―友達がどのくらい参加するかとか、特に新しい環境に居る人には大事だよね。この前僕は終えちゃったけど、バーベキューもだな。(だいすけ氏[21歳]は、肉をかっこみ終わると水鉄砲を構え、一年生よりも、そう誰よりも濡れていた。たぶん来年もそうなる。[※下級生のために肉を焼け] )

夏のイベントを楽しめるかどうかは、その前の日までに大方決まっているのかもしれない。ドラムとして、自分が出演するライブみたいだな。当日の状態はほとんど関係なくて、練習でちゃんといろいろな部分がつめられているかが当日の出来を左右する。というかむしろ、当日の精神的コンディションすらそこまでの練習の具合に左右されると思う。

ドラムと違って、まだどうすればいいかは分からないが、夏のイベントを楽しめるよう、準備でもしておくか。うん、まずは引きこもり生活で失った体力をつけよう。うあとはやはり各イベントに協力的になることか。貢献感って大事。チームワークは得意な方ではないが、得意かどうかと好きかどうかは違うと思う。

夏のにおいが強めのクーラーをかけた部屋から出たときに感じるあのにおいだとしたら、今日はもう夏だね。  


Posted by 無憂草 at 17:01明媚春

2015年03月31日

美しい靑春全てに

3つの季節の待つだけが、数日の開花、これはなんと壮烈!命の短さ、磨き強さの品格。苦しみの中に咲く命の美しさを、挫折の中で燃えてかすかな炎。桃のように燃えるように、生命の歌。そう思ってDR REBORN、私はなんだか誤読この春の使者、桃の花。
最初のきっかけは感知桃その性情から本当に純粋な陶淵明。そんなに人に挑むの春の日、彼は歩いて停止に迷い込ん「マングローブ靑山斜陽古道、桃花流水福日洞」の桃源郷。ユートピア、景美人と、心身の陶淵明をやっと見つけた心の生息。あの時、私が思うに、詩人の陶淵明は本当に幸運、将来機会があれば、私も1つの桃源郷で人。
それからやっと知っていて、実は、桃の高貴なまだ彼女は愛情と密接不可分の。聞くところによると、春秋時代の楚国に利子侯はクーデターに滅ぼされ、意欲が強い楚文王夫人と結婚。目を閉じて花恥ずかしくて月の金利侯夫人から皇居、夫を探しに。利子侯が自殺し、奥さんもそれに殉じ情。それから、節を固く守って変えないの金利侯夫人もに桃の神、守り美しい愛情。念な感傷をよくしていて、ひたむきな愛情と、短い命。
「本無叶真、スマートに借りない胭脂うす」は、桃に最高の嘆。ただ、桃の「本当に格好いい」は、人ができるとは限らないあか抜けて?あなたはそれを見て唐の崔护を書き出して、彼が「人面どこかに行ってDR REBORN、桃の花は笑春風”時、心の奥の辛酸、悲しみは誰に言う?そして人柳永性情で、「人面桃花、未知の何処が、マスク朱扉そっと」時間、痛みは無限で、惨めな思い合う涙流れ心とともに、その「探して探して」「うら悲しい︶ぅ」の孤独と無力本当に表現できないよ!また中に沈园の陸遊、夕暮れの李清照彷徨う……
モモの花の散る沒有雨上がりべが落ちて、どこでも、ずっと繊細で、敏感な林黛玉触景伤怀、荷鋤葬花、一抔黄土覆い尽くし花の風流、彼女葬のどこは、桃、明らかに約纏ふわふわした気持ち、哀哀れ怨みの思、弱々しいうら悲しいの悲しみ。「儂は今葬花人笑痴、子どもの葬儂お知らせは誰ですか?」古代の時空を越えて、短いもろい命に直面して、私達のすべての人はまた何という感懐なくて?
モモの花の命は短いが、しかし彼女に執着一念は、美しい靑春全てに咲く人間に自分の好きな春。たとえ誤りが花を探して、依然として自分が開放、白居易の「人間の4月の草と花尽くし、山寺桃始満開」は彼女の真実ですかDR REBORN?  


Posted by 無憂草 at 12:45明媚春

2015年02月11日

私は小铺間

私は小铺間、気が大きくて、しかしとても精緻。私は小铺間、DR REBORNあまりにぎやかではないけれど、寂しい。私は小铺間にかかわらず、収益、しかし安逸。私は小铺抱いている間、夫で、朝から夕方帰る。
小铺は静かな町で、入り口に小川淌水、屋に緑の靑玉の草、遠くのほか靑山に囲まれて、近所を花の香。町はにぎやかではありませんが、ない人、大都市の上調子騒ぎ立てて、人々はすべてとてものんびり街を歩いていると、木をぶらぶらして、店舗、舟を浮かべる江湖、踏靑登山。小城の美しさはそれの自然ではなく、それの人文の気持ちを、このスローテンポな生活の中で、すべての時間の生活を享受して、幸福を体得して簡単に。
小铺は間にロマンチックなカフェ、精緻なカウンター雅の小さい機で、1部の朝の新聞、一杯のコーヒー香滑。屋外-"売買を見て、そっと思いをこらす朝の香りを考えると、座っている考え事、髪はぼんやりして、見てみてに親しい恋人の甘いくどくどと聞き、群れは久しぶりに旧友よもやま話をして、あれらの甘い清純な愛情で、人の心の中にも満ちて甘い愛の意でDR REBORN、あれらの親密而深い友情、人の中にも満ちて子供のころの思い出。ただ愛を知る人はやっと生活を理解、ただ抱い憶往昔の人を大切にしてこそ、人生。
小铺は間香鬱のパン屋で、真っ白なキャビネット、レースのカーテン、1筋の濃い乳の香を伴って麦の穂の清新で、入り口たとえ化し、舌のすべての味蕾に甘い味で、しかも味わい。いつも朝ドアを開けて、購買パンの人々のきちんとした行チーム、彼らはたくさんのサラリーマン、あるのは何時の観光客は年を取って、ある老人子供っぽさの海も、満面の子供。彼らにとって、パンは最も理想的な朝食で歩く道をしながら、旅を味わいながら、それは道を歩くのは、すべての心配事も舌先であの少しの香滑忘却DR REBORN。  


Posted by 無憂草 at 17:55明媚春

2015年01月26日

私の両親も泣

もし輪廻ただ一言空語の場合、往事ただ一面霧、もし三界六道もうなくて、一生がただ一生にかかわらず、往事の思い出が、この一生、私はあなたと少しだけ。
信じない輪廻、へも行きたくない手紙、川があるなら、本当にどう、Dr Reborn1碗の孟婆スープ、忘れたくないで、すべての記憶の中の美しい。たとえ本当に輪廻の言っているが、多くの衆生、次の人生、私はあなたと再会できるのか?
「一生一会」の本は茶道の中の1種の言い方が、意味は、毎回友達と対座お茶は、生からの深いから大切にして、一生の中で、できるというお茶だけかもこの回、一旦、二度とない。
人の一生は、誰にもわからないは、どこまでどこに、すべてのすべて、それで行くしかない。まるでそのハルヒに露のあでやかなレンギョウ、私を見た時、それは美しくて、例えば玉彫り刻む。にじっとしている後に見た時、もう風は、グランド潜ん、配布殘香。
私とそれだけから言えない何かれ、それが私の見えないところで静かに一枚の紙に、静かに止めたその命の足音。殘念ながら?はないの?悵然とは?私はわからない。
その落ち葉の長い歳月の中で、臨窓をささげ持って、1杯の暖茶、湯気が立ちこめるにいくつかの事を思い出す人が、いくつかのことを思っている已逝歳月の中の様々な。様々な避けられない悲しみ。

五年前の秋に、落ち葉は根に帰ると、ひとしきりの秋風それらだけでなくても、私を持っていったのは1人の親友。彼女はまるで落ち葉のように漂って故郷へ帰り、私の1つだけを殘して、後で連絡。この後、私も待った五年、サカツラガンが来なくて、靑い鳥が飛ばず、歳月の風は一回また一回吹く柳緑になって、また毎回に落ちた地面いっぱいの枯れて黄ばむ。時々思い出すと彼女の過去、繁華夢、夢を尽くした、そして涙は、もう二度とない夢。
しばらく考えてからも一生、無縁に再会したすべての記憶しかない。
二年前、風が徹、1度の陰雨の中、私は永遠に私の祖母を失ったDr Reborn。彼女は歩いた時、私がいない。それは、私は忙しい期末試験は、両親に自分の学習に影響しないため、彼女は火葬する時も教えてくれない。私は知っていて彼女の死などのニュースの後、1週間後にはもう。私は領通知表のあの日、親に連れて灰に帰って来た日。
彼女の葬儀には、私はでなかったら、私の両親も泣いてない、ただ私の二おば泣いてとても凶。彼女の話を聞いてそこで泣いて、私は急に思わず泣きたいのに、また泣きすぎだと思って、淺いました。祖母が生きていた時、私たちの間に平凡で、私の勉強に一度も注目した彼女は、彼女とも言うことしかできなくて、しばらくは。彼女が亡くなった後に、私は彼女の多くを思い出したので、私が書いた数篇の文章について。彼女は見えない、私はただ単純に記録していると少しの温情。
一生の後で、その後は再会、しかない想いが心に覚えて、後で。
長い人生の道は、いくつかの会?好きな人と出会い、私を愛する人と出会い、そんな短い時間はいつも。人の一生は、何十年、またいくつの才能に着替えて十年後?
一生の後で、一番悲し過ぎるのは少ししかない、この後で、あまりは慌ただしくて、間に合わない人は離れて、大切にして、あるいは見えない遠く、または六道以外。
「一会」という言い方はちょっと幽なるが、幽なるに深い美。ただしばらくやっといっそう大切にし、もし深いの大切にして、たとえ者は離れ物、当门見送ることもでき稍减殘念Dr Reborn。  


Posted by 無憂草 at 12:17明媚春

2015年01月07日

分かりました

結局は知覚生きていなかった、ずっと生きていて、たまにしかれて強い感知飲用水過濾器

ここの冬は寒いとともに、からみ合った心境ほど寒く入骨髄。誰が楽しいというのは本当に楽しくて、誰が本当に风轻云淡遠回しに言う、面当て。いつもは長年、視線の中の路太亮、でも心にあまりにも多くの暗い。光さえもなくてどのように生まれ変わるか輝きの片隅……ほほほ、へへ……
やはり来たのではないか。ジャンプのない崖山だけより溝より明らかにすぎない。風が吹いて不完全な枝、さわさわと、空が。魔咽頭て訴えないより、自。何の厚土は花の波を隠す、花咲く、きっと、ただ形形だけでBotox瘦面 。ある花がある心に、非某安んぞある無香。あなたが行かないなら、しばらく行かない。長い長い忘れて、忘れて、また、どころか。
私、あなたを聞いて未、未の未解未。空っぽだ。
ほら、退路はそんなに長くて、誰が知っていて、どこへ行って……
私は生きているだけでなく、まだ考え……
ただ考える時は、生きている感じが強く烈いくらか……
  


Posted by 無憂草 at 16:07明媚春

2014年12月23日

冬が印象的だった

陝西省铜川を地図上でもない町には、家のが40 kmの山上。30年前の冬、各軒にかけられたつららを削り取ってつやがある黄みをしなければならない。体[家の氷牙冬の間、不化している。雪が积し、埋め立てすねのあちこちで、白の耀人の目を見た。太阳の光にして、污い1时(点)の雪化させることで、一晩凍結実だし、そうではない」と三番、護膚專家子供も大人も一路までスキーを歩いていました。
窓を夜中まで凍りつくパームビーチガーデンズの葉の模様を白く灯は、屈折、光り辉きます。部屋にいた、タオル干冷。早く岛と、顔を洗う時、汤をぶっかけるやり方を引き揚げタオルとなって温温吞と饮みには少し火力だ。
天墨青、月はは1曲、きれいに光っている。通学途中雪踏みつけて绵软だったが、澄んだと音がした。どこの家のすりガラス透になろう、私は似ていてマッチ売りの少女を見届けるばかりに向かって歩き、鼻は口の息吹を取り除き、顔を結成した。風に割りて苦心している。注意していっしょに折れた枝が随時に落ちてきた。
冬の風がトリプル・ルッツとなってきたのは、木のブラシ、カササギ干枝すぐひっかかっているのどが呼んでいる、叫んだのは十分だった。私は8歳以降には毎日へ行かされされなかった学校に行ったり、足がすっかり凍って意識を握ったまま、手に一塊の雪を指で薄赤い、手の甲肿を上げられ、夜まで寝ている時に腰をうかしかけたが、暖かい手の知らない?を恨んで、もてない牙かむとは、そのようにユキを乗せて登校しながらに」[団に引かれ、家の手がだんだん火烧火燎参考人のように、宿题をしたことが明らかになり、憂鬱だった。
朝の教室をストーブの中の火はまだ、暖かい焼きを出てbvi offshore company、いっそのことまで歩いていき、校庭が走って、自分を暖めた。一つの故郷の東北の老爺は毎日1件老头衫走った熱気を奏で、さっきから光腕を光首をちぢめ缩头足の私のそばをつぼめた三伏天しなかった」と話した。
冬休みを迎え、一路に当たって氷滑りが帰ってくる。隣人胡伯家の親戚に子供たちが皆を過ごすことができて、正月(8歳の私を疑っても寝てから家族うるさい好気心の胡伯家妳私つ、清廉な年だ。大きく一群で、雪畑に喧嘩になり、転げまわるのように、私はそばには口の块氷、凉の顔となってきたクルミ縁側からだ。分かりを見ながら、1群半大男一匹一体何をやっているのだ。
化雪の日に寒いからがまとまっていないらしい、服の外側は硬い雪溶けて、水が氷、氷の消の一枚一枚に転んでしまい、とにかく、鼻面をこのような誤って落とし、監察チームが割れて、なんか固かった痛み。
30年が過ぎた今、その自分を言い、黒竜江も冬泳ランニング老人亡くなりましたでしょうか?
ユキはいつもでしたら、来ないカウンタ霧の中に行き、見えないし、遠くのほこりの、汚れて、気分が悪く、冬着を恐れ、污れて一律的に黒い輪の精致な雪どこに行こうかなんだとか。家がますます高くなっており、その夜ごと辉きで、どれだけの家じゃたきに目の前にして、自分の子供に信じて私の子供じゃありませんかCardboard Standee。  


Posted by 無憂草 at 12:29明媚春

2014年12月08日

離れの夢を見る

窓の外の、葉と踵を返したが、また私のペン先掻か纸面をかき分ける音がした。
握りしめている手を休めるのペンを見上げて、屋外の語尾に支給される、窓の外にあの木は端然として崩れざるは風の中で、黄色の叶の空中あふれる舞は結局気運が土地を……
私はあの人をうっとりとさせるねずみ講を投じて自然の腕の中にこそ、外出するとされる場合、逢った空路を実施した後、目につくのはいっぱいな山の緑、既に秋になったにもかかわらず、依然としてにも春の風景、町並み蜿延の小道を歩いたことがあって、道の両侧は藪が似通って花が満開した、と不上春百花咲く派手さを寄せられてもなかなかのもの感じのだった。
いつの间にか、に林の中で、強かっに一瞥をくれて、低いところにだった。間もなく、私は、もう一つのサプライズには及ばない世外桃園の美しいが、それも極めて軽油1ヵ所であっても、それは一片光って秋の芝生をたててすでに黄色のを見て、自分もやはりどこもかしこもの绿、私が勝手に探した筆地がころがって降りてきた
広大な草地に照らしている秋の愁を見上げている青い空、思考が徐々にはかないて、方向が探し出せません。风があって、そのままであるが、それに連行されており、またそれらを競う肖僕画の着地にしようとすることは、それらの宿命であり、それらの一生……
世の中で、私の落ち葉は無限な想像力のないままのように思われてその年の春、私たちと共にパートナーとしても、一片広野にはしゃいだが、その時だけなかった満天の落ち葉は満点の凧が自由に空を滑空する。
から自分の未来の道になるには、いったい私の未来はどうか。とはいえ、私も自分の未来定した目標のために、私は信じて自分が未来の生活となっていますが、今私は思わず茫漠としましたが、时には私は甚だしきに至っては自分ではアップ」。私は確定できない私の未来かどうかと思ったみたいやけど、私は知っていた未来がただの虚词であるが、それは見た目はは遠いが、まるで時計を目前にしている。私は知っていて未来の道をなかった私のように簡単だ楊海成
谁にもわからない。の生には顺风に帆をあげるのは、同じようにで、私の未来になることも困難ではなさそうだ。はいああ、うちの両亲は人生の指名灯、彼らをけん引している私たちの成長しているのに、は私たちに自分が一人で歩いたことがあって暗、両親をリードできるしたものの、それはあくまで目安方向であるだけに、未来への道はまだ遠いことをマスターして、結局は、独自に行くのだ……
目を閉じて、记忆に凧は広々とした大地の空を飛ぶ。まるで、わたしは、たこが広々とした空の果て方向を失って、引っ张って私の線では両亲が先生の期待するのか、それとも私はかつて歩いたのだろうか。私は知らない私の未来が究極的にはない私の最初の目標は、私だけが知っているなら、わたしのような道を選んだなら、どうしても続けよう。
ようやく眼のところに行き、高所、农地この奇妙な大自然、すべてのすべて、私の目の中にも、再びがどうしようも他愛のないて空を见てみて、やはりそんなにの手が届かないが、私は確信を持つようにで、私の未来は梦じゃない、もしかしたら、将来の私、ある一つの都市でやっているかつて自分が念願の事ではない。
心に迷いのように急退散した、私は知っていますが、ielts score
私の梦の中で、远方だけではできないし、考えだけが払わなければならない。私は努力した、私を信じて私を迎えの天国にではなくおののいている。  


Posted by 無憂草 at 13:25明媚春

2014年11月26日

咲き乱れた花咲き乱れ

梧桐で散発的枝に蔓延しているが、安定した画一的な运动场に、私益まるまる一つの夏の忧え悲しみます。
芝生は層が薄いの绿毯、奇妙に映った白い桐て華やかだ。咲き乱れた宝の持ち腐れたじろがぬでもあり、チーあお白い花が、切っ先を一度も孤独で繁芜だった。
縦横阡陌古道で、散りの楊花(ヤンファはshaniaシャシャさんだった。それは梦(ゆめ)の中の風景、一树一树の银花、风土に静かで、あっさりしていると、怒らせず、风、らしくないすぐの梧桐、柔肠百を歩き回ったがそよ风だそうだ。
この夏、秋の初、天蓝风轻云淡、、、静かには思いの中を見てそよ风は、闻いて散る。かぐ雨声、とても遥か远い梦だ。
翻手为云、覆手为雨だった。
未来は遠い遠いところに、は手にすることのできない天使の翼に羽根を動かしてどこかへ飛んでいくと、いつの間にかと私を振るう行かのゆくえを旅していた。

私は知っていてこの夏と胸が痛いくるしい。
全ての忍耐と乱脈の季节に独り立ち沸騰され、公開大學 學位幾重にも剥離寒風悪念を引き裂いた時と同じように片甲不留华为春泥のれんが春夏秋冬风が吹いていされたもので、何故できなかったこと、止水にやじを飛ばすラブへうまい。あなたの言叶遣いの文字はみわ静かに転じたことで、あなたが成长しました」。
浅田を誦しやん惑の来し方の時の跡——の攻撃でほんのわずかかす——君がある度に想像しただけで、17歳の彼はたじろが咲き乱れた歳月、紅笺どこもかしこも、魚歌論難が起き、長袖で舞、ソンビ(学者)途中ステップが軽快だ。でも十七の后になって、咲き乱れた花咲き乱れない、雁は南帰った魚は海、綾羅も終わっていないで、道に睡眠时见ぬかるみさだった。
世界の乱れ、あなたはいつも唱えて歩いたりやめたりreenex 價錢
咲き乱れた繁華街でなかったのに、あなたはにわかにかき立てられ無限界の念願といっぱいの子。
宝の持ち腐れたじろが咲き乱れ、あんたのようだが笑靥嫣を通して日光の花の間罅隙ぶたれても刈って粉々になって、うやむやになっては勝つことができるあなたを一身に受けて光を放っていた王賜豪。  


Posted by 無憂草 at 12:59明媚春

2014年11月19日

義理がなかった

人と人、1度の縁の:心と心で、きれいだ。淹」い『れはしない、安易にジョン・セヒョン胡乱邪推する一分のを隠さなかった。誤解しないなど、理解のありがたさは、やっと体得します;待って后悔して、やっと宝物の可爱いです;待って失って、はじめて気がついたのが保有していたコーラだった。が、大切にして戸締まりに心から;多少毅然とした姿を見せ、戸締まりにたえない。最も感動したわけではない、海誓山盟口車ではなく、だれかがわかると、ずっとあなたに付き添って。愛情は理解する必要があります、愛のないように大切にしなければならない;人生はやっとだろうと予想しているのも事実だが、生命となってしまう垢抜けた。

人で時代がだんだんにわかる。人生は、あなたは庶民にするのか、それとも伝説贵族であろうと、みんな逃げられないんだ。悩みがつきまとう;意欲がきれない入心です;思いがけないも国防近づいてきた。人生の梦、生活は粒の心だ。違う人に対して、必要とする;対事があって、無需要がびっしりと埋まっている。涙が溢れ、苦しみがあるだけで诉えられます;泣いて泣い心清、まします一まします心松だった。解放するか、痛みは苦労しなければならない疗治;世の中の哀歓を、强さが自力でだった。短い生涯をは「健康的に向上して生きてきた平安を过ごして、地道に歩いていると、本当の爱を続けていた。結構です!

人の一生は思ったほど良いわけでもなく、思ったほど悪かった。一人一人の背後に都会が悲しむの前には、女の子ができなくなっていることが明らかになった。人には誰でも自分(じぶん)の涙を拭いて」の前には、自分の道を歩きます。さえ覚えていて、寒くて自分自身を加える羽織り;お腹が空いた自分を买いつパン、痛かった自分に坚います;失败しても自分に1つの目標のために、転倒したが傷の中から、自分に1つの寛容な微笑みをすすんで、最も真実のままの自分がいる。させてはいけない、自分の基準で他人にしても、いってすべてだった。お互いにも自分の好みと個性や価値がある。でまかせのことで、あなたはきっとが悪いとは言えない。

人生、総にあまりにも多くの歪んだ。、私达に无力です;総にあまりにも多くのいかんは、我々にけちをつける。優秀だし、他人の誹謗あなたです;おとなしくして、他人の君を利用して;弱さだし、他人にあなたをいじめます;成功した、他人の嫉妬のあなた。生命の中で最も困ったことに人はいませんわ、人生でいちばんできないのは歩きだした把握する方向に向かっている。心で、ときどき不可解な忧え悲しみます;路で、ときどきだまされちゃいけないことが明らかになった。雨風が、独自に我慢が負担した。伤つけ(损ね)て、死ぬ;腰の痛みだし、支えていた。人生は、涙を流す中微笑であってこそ、色鲜やかな;生命が、强靱で微笑であってこそ、すばらしいです。

人は生きていて、すべてのことにする必要はないと争うことになるのであろうが、水から清は無鱼、人から清は無朋。(家族との争いで勝った争いをしていたが、亲情;恋人との争いを争って勝った、感情は薄いです;友达との争いを争って勝った、義理がなかった。争いのが理、負けた場合は伤を受けたのは自分自身だ。黒は黒い、白が白く、时间を証明している。自分の立場を固執し続け、身を処して、しょんぼり纷争の事をして、勝ったは全体の人生;どれほど平和(ピョンファ),たくさんのぬくもりと幸福が光を浴びる。  


Posted by 無憂草 at 17:06明媚春

2014年05月02日

天国の彼らはきっと形影相伴う

4gewe3g6edge枚の大旦那は歩いては、子供と孙男娣女たちの歓声で穏やかに離れて、享年85歳。
私たちの村は大きな村、以上の人口、四千人には3千人を超え、張某趙、殘りの五百人、殘りの五百人が李、王、郭のは、小户人家ました。
枚の大旦那はストーリの人が生まれ、彼は解放前、家が良田千頃として、生活はとても楽しくて。枚の大旦那が七つの姉で、彼は張家の唯一の男丁。親から彼は甘やかされて育ったので、とても小さい時枚大旦那はたくさん癖。
枚の大旦那の嫁の姓王名端ということで、端午の節句に生まれたので、王端という。十五歳王端就嫁ました張家。王家も金持ちの家に住んで、王家県で、その時の町はとても小さくて、東西八裏に、南北は4の中。小さな町でいくつかのところ大商いは王家の販売店を除いて、王家のほか、市外でも千畝土地を持つ。今では、郡の辺縁部には、「王場」の村は、この村は昔の王家の打麦场。
張の家に嫁い王老奥さんは相前後して張家は三人の娘の二人組になるのは人口が増える。枚の大旦那のいい覚えなかった、癖の多くは、よく賭博に負けはめちゃくちゃで、お金がないから最後までに借金を売って、自宅の大きな屋敷も担保に出かける。枚の大旦那の両親は彼がそろってむかむかする。
枚の大旦那は家族全員を持って入って2つの村馬屋では、日々困難。数年の解放、評定成分は張大旦那の家になった貧農。
張大旦那といっても一生食いしん坊で怠け者が、何人の子供たちはみな彼の性格に流されず、勤労。あの人は多く稼ぐセンチ年月が多く、多くの家が稼いセンチ余剰食糧。
枚の大旦那は子供たちの結婚をすべてすませて後、自分を過ぎて不惑の年になった。夫婦は1年余りの光景に、2人は性質が不和をして、よくけんかする。その後二人から別居して、一人で一部屋。その後、母屋する2番目の息子、はずすは新しい家を建てました。老夫婦についての長男、次男について。
時間慌ただしくて過ぎて、またたく間に枚大旦那は駆けた70、奥さんも王老69ました。少年夫婦老後伴い夫婦喧嘩、一生の古いむしろ言い争わない。王老奥さんはいつも歩いている三寸アサザ大息子の家、張大旦那と一緒に座って笑った。
一度の嫁はたまたま2人の老人が抱き合う抱き合って、とても感動する。家と他の人に相談して、二老引っ越して一緒に住む。
枚の大旦那の80歳の時、連れ合い小脳萎縮病にかかって、この病を妨げない食べることは、しばらくしばらくはっきり迷い、時には出かけて回って忘れてしまった家はどこ。三寸アサザを見ないで、張大旦那はあと急いで才能に追いつく。
多くの時に張大旦那は手で突きステッキ手をつないで家内の手、夕日の下で、2人の老人をゆっくりと歩いていると、温かい画面に感じる人はとても仲むつまじい夫婦。
ageLOC Me | glass teapot infuser | 嬰兒過敏
| 釜山旅遊
昔話「73、84、閻魔は自分の"は、この年齢は頭を下げて年。枚の大旦那は昨年84、誕生日のその日のすべての後輩が集まったが、みんなはとてもにぎやかで、ホテルに行って何卓の料理を注文した。夜の食事の時におばあさんはまだ元気で、任意の不調を大幅に、家に帰って来て休んで、気絶してまだ薄暗いうちの張大旦那は目が覚めた後は連れ合いに起きて、まさか王老奥さんが夢の中にいて。
おばあさんは歩いて、張大旦那は感じで比類がないのは物寂しくて、は子供や孙男娣女たちは孝行して、大旦那はなんだか心が空っぽな。
あっという間に一年の時間が過ぎても張大旦那の誕生日。大旦那は何度も反対ホテルに行って、仕方なくて、家で振り子の宴。大旦那の反対をよそに子供を飲み、続けざまに何コップ酒。大旦那は子供たちにくどくど言う:“私のこの一生、しなかったことにする、唯一の1件の事はあなたのお母さんをめとった場合は、彼女がこの家を切り盛りするかな、私はとっくに餓死した……」
枚の大旦那はこの世にいない数日、王老奥さん天上で彼を待つか。
みんなが張大旦那は愚かなら、まさか寝る時もよくて、みんな歓歓笑っての各各家に帰って、夜が明けたらと張大旦那付き合える次男で爺さんに起きて、意外な発見枚爺さんは穏やかに歩いた。
村の人は張爺さんは福の人は死に際にすべての親にも見えます。また、爺さんとおばあさんはまる1年ぶりの時間、亡くなった日は同じ日。
私は、天国の彼らはきっと形影相伴う。  


Posted by 無憂草 at 15:38明媚春